リエロ・ジャパンブログ

ホーム > リエロ・ジャパンブログ > ボイラ運転は効率第一

ボイラ運転は効率第一

2017.04.20分析計

各種燃焼装置の排出ガスは、分析計の使用により、下記項目を測定することで唯一確認が可能です。

●排熱ロスを少なく:排ガス温度

●排ガスをクリーンで放出:CO、CO2、NO測定

COのみ、O2のみの測定では、完全ではありません。

リエロジャパンの燃焼排ガス分析計は、大型画面で4項目同時に表示され確認ができます。

ワイヤレスプリンターに出力も可能で、データの保存もできます。

 

燃焼排ガス分析計KANE455(CO・CO2分析計)のご紹介

●CO(0~2000ppm)、CO2(0~20%)

●O2(0~21%)、CO/CO2比、燃焼効率、空気過剰率、熱損失:※計算値表示

●排ガス温度(0~600℃)、圧力測定

●ワイヤレスプリンターへ出力可能:※オプション仕様

 

HP_455

 製品についてのご質問やお見積依頼は、お電話または、お問合せフォームよりご連絡下さい。

 

月別アーカイブ

お問い合わせ [045-575-8097]

カタログ・取扱説明書

機器の使用方法動画

Riello s.p.a

日本ファーネス株式会社

リエロ・ジャパンブログ