リエロ・ジャパンブログ

ホーム > リエロ・ジャパンブログ > 分析計

長寿命5年センサーとは

2018.10.23分析計

  セル式センサーについて 通常の排ガス成分を測定するセンサーの寿命は、ご使用状況にもよりますが、使用開始後1年程度です。 分析計は、センサーの寿命をむかえると突然指示値が出なくなります。 [続きを読む]

排ガス分析計KANE255Jキャンペーンのご案内

2018.10.23分析計

  只今、リエロ・ジャパンでは、燃焼排ガス分析計KANE255Jにつきまして、特別価格での キャンペーンを行っております。 KANE255Jは、CO、CO2の測定に加え、温度測定と本体へのデ [続きを読む]

エンジンの排ガス測定について

2018.09.11分析計

  車、オートバイ、発電設備等の排ガス測定の必要性 地球温暖化阻止の取組みのため日々その対策が行われておりますが、トラック、乗用車、オートバイ等 のエンジンから排出されるガスの中には、この原 [続きを読む]

排ガス測定の必要性について

2018.08.13分析計

  なぜ排ガスの分析が必要なのか? バーナーによる加熱において、装置がその性能を十分に出し切っているかは、火炎の状態を目視で 確認しても、排ガスの臭いをかいでも判断はできません。唯一の方法は [続きを読む]

分析計選定表及び取扱中止品のご案内

2018.03.22分析計

現在、リエロ・ジャパン取扱の排ガス分析計につきまして、下記PDFファイルより測定項目選定表を ご確認頂けます。  → 燃焼排ガス分析計選定表はこちらから  → 分析計の特徴一覧はこちらから &nbsp [続きを読む]

製品のご案内|エミッションガス連続式モニター

2017.09.29分析計

  CODEL GCEM40 シリーズガス分析計 高濃度から低濃度まで、燃焼排ガス中の単ガス成分、多数ガス成分の分析が可能です。 GCEM40シリーズは、キルン炉や工業用途での排ガスモニター [続きを読む]

全シリーズ赤外線式(NDIR)センサー搭載の分析計

2017.07.14分析計

  低価格、ハンディー分析計に初の赤外線式(NDIR)CO2センサーを使用 CO2をNDIR・赤外線式センサー(*1)で直接測定が可能、高精度空気過剰率を表示します。 環境計測業務に使用中の [続きを読む]

ボイラー運転は効率第一

2016.06.27分析計

  燃焼効率を最大限に利用するには ボイラー燃焼排ガス中のCO、O2、CO2濃度測定は、なぜ必要になるのでしょうか。 ボイラー効率は、本体の構造及び燃焼効率により決定されます。 燃焼性に関し [続きを読む]

排ガス分析計のレンタルについて

2015.06.16分析計

燃焼排ガス分析計、エンジン排ガス分析計のレンタルを開始致しました。 下記ご検討中の方へご利用頂けます。  ・短期間の使用を予定している  ・長期(1年間)使用を予定、但し経理処理を資産とせず、月々の経 [続きを読む]

新製品のご案内|燃焼排ガス分析計 KANE251 NO

2015.06.12分析計

NO測定可能な、長寿命センサー搭載の排ガス分析計。 市場初の6年間使用センサー搭載で、センサー交換費が不要です。  ・測定表示:CO2、CO、NO、温度  ・計算表示:O2、CO/CO2比、効率 製品 [続きを読む]

新製品のご案内|エンジン用スモーク分析計Auto600

2015.05.28分析計

ポータブル・スモーク分析計 Auto600 自動車、船舶、芝刈機等エンジンの排ガススモーク測定にご利用頂けます。 詳細はこちらの製品カタログをご参照下さい。  製品に関するご質問は、お問合せフォームよ [続きを読む]

分析計に関するQ&A|よくある質問

2015.03.26分析計

  分析計について、よくあるご質問を掲載しております。 燃焼機器用の分析計に関するお問合せやエンジン用の測定に関するご質問等をまとめておりますので、 お問合せ頂く際にご参考にして下さい。 御 [続きを読む]

COとCO2濃度の人体への危険度に関して

2015.03.23バーナー分析計装置

機器・装置のご使用において、換気が十分でなかったり何らかの原因が起こると、CO(一酸化炭素)、CO2(二酸化炭素)レベルは急激に上昇します。通常の環境においては、COレベルは10ppm以下であることが [続きを読む]

月別アーカイブ

お問い合わせ [045-575-8097]

カタログ・取扱説明書

機器の使用方法動画

Riello s.p.a

日本ファーネス株式会社

リエロ・ジャパンブログ