リエロ・ジャパンブログ

ホーム > リエロ・ジャパンブログ > バーナーのご利用について

バーナーのご利用について

2016.04.30バーナー

 

2018.01.15 部品は即納体制

リエロバーナは、取扱製品において即納体制を整えております。

ご注文や御見積希望は、お問合せフォームよりご連絡下さい。

 

2017.12.10 バーナ交換例のご紹介

ロータリーガスバーナをご使用のユーザ様が、リエロガスバーナをご使用頂き、燃料費の大幅低減を

実現しました。

(A)従来のロータリーバーナ使用例

  二次空気導入による燃焼。

burner_02

(B)リエロバーナ使用例

  二次空気不要。ロータリーバーナ使用時より、約30%燃焼減少実現。

burner_01

 

2016.04.30 ボイラー燃焼性の確認

燃料が未燃の状態で、大気放出されると、多くは、CO(一酸化炭素)として放出されます。

ボイラー効率と燃焼安全性の両方を確認するのには、排ガス中の空気過剰率と未燃物が同時に測定可能

排ガス分析計が必要条件です。

 

2016.03.30 ボイラー効率について

ボイラー等の燃焼効率は、燃焼排ガス分析計により、過剰空気率を求めて算出することが通常です。

この際、分析計使用により、CO2(二酸化炭素)、O2(酸素)のいずれかを測定して画面に表示

します。

 

2016.02.10 RXプレミックス・低騒音低公害・エミッションバーナー

超低NOxガスバーナ―RXシリーズは、30kWから1500kWまで豊富にそろっています。

このバーナーで騒音とエミッションが同時に解決可能です。

 

2015.10.10 小型比例制御バーナーのご紹介

より省エネルギー、より高性能実現として小型バーナーにおいて、比例制御、H/L制御の採用が

増えております。下記、PDFカタログをご参照下さい。

 ・高燃焼/低燃焼式ガスバーナー GSDシリーズ

 ・比例制御式 GSMシリーズ

 

2015.09.20 バーナー利用の基礎データ

バーナーによる熱発生は、用途により効率よく作用します。

装置の計画段階において、リエロバーナーの豊富な基礎データが計画実行に効果的にご利用頂いて

おります。バーナーのトラブルシューティングには、あらゆる想定への対応が準備されております。

 

2015.08.20 交換需要 GS20バーナー

アルミ溶解炉用ロータリーバーナー使用からGS20への変更をエンドユーザー様が単独で実施して頂き

ました。弊社バーナーは火炎寸法、炉圧等に関するデータがそろっています。

 

2015.08.10 緊急対応でのバーナー即納は

業務分野での使用において、装置のリカバーは一刻も早く要求されます。標準仕様品をお使い頂いている

従来からのお客様でご要望があり、即対応できお互いに安心しました。

 

2015.07.30 GS20Dバーナー(Hi/Low式)を東南アジア仕様で供給

企業の海外進出に伴い、国内製作・検査。海外使用のご要望が増えてきました。

お客様のご要望に対応しております。

 

2015.07.20 RS45M BLU 低NOxバーナーの供給

国内メーカー様が従来の国内向けに加えてヨーロッパに設置、使用において、国内で装置の完成テストを

実施したいとのご要望があり、弊社でヨーロッパ仕様を供給させて頂きました。

 

2015.07.10 油小型・全自動バーナーについて

全自動油バーナーG2J(23kW)はスイッチ投入により安全装置が取付いて、全自動運転の小型バーナー

として各種方面でご利用頂いております。

 

2015.06.30 バイオガスだけで燃焼可能なリエロ・バーナー

牛糞を発酵させ、メタンガスを生成、そのガスでボイラーを運転、温水を発生。この温水ボイラーの

バイオ低カロリーガス燃焼、ガスバーナーを北海道で何年も前よりご利用いただいております。

特徴はパイロットガスをLPG等で使用する必要がなく、バイオガスのみで燃焼可能なバーナーです。

プロパンガス設備、補給の必要がなく大変喜ばれております。

 

2015.06.30 日本の安全規格は?

日本のJIS規格は、電力が50Hzと60Hzが存在するがごとく、アメリカ規格とヨーロッパ規格が共存して

います。現在規格上は、多くの項目で両方の安全規格品が使用できる状況になっています。

 

2015.06.25 なぜパッケージバーナーに規格があるのか

燃焼利用の装置で、その性能を決める大きな要素はバーナーにあります。

この部分がコンパクトに利用しやすく、低コストであると、装置のコスト低減、信頼性が向上します。

装置計画において、ある程度用途によりその形状は一定範囲に収まっている。そこへバーナーを設置

するのに、バーナー性能がはっきりしていると、採用側において、選定がスムーズに進みます。

そのため必要項目に関して、規格を決めたのが、1989年当時までの西ドイツDIN規格であり、現在の

CE規格です。日本のJIS規格はCE規格を受継ぎ、一部変更しています。リエロバーナーはCE規格を

取得しています。

 

2015.06.23 コンテナ輸送

海外への海上輸送では、コンテナー積込みが一般的になっています。機器をコンテナーに収まる形状に

設計することが大きなポイントになります。規格外だと大変な出費(4~5倍)になってしまします。

 

2015.06.22 安全規格のトレンド

安全規格は、日々更新されています。もっとも大切な事であり、製品の品質が向上することになります。

工業分野での規格の流れは、UL基準。商業用分野での規格の流れはDIN基準依存が多いようです。

 

2015.06.15 バーナポンプは

ガンタイプバーナーに使用されているギアタイプの油噴霧ポンプメーカーは、世界に多数あります。

日本で唯一のポンプメーカーがフランス資本になったことから、日本資本のポンプメーカーは

なくなりました。

 

2015.06.10 世界の安全規格

世界の規格は大枠で、アメリカのUL規格、ヨーロッパのCE規格が存在します。

近年、プラントの海外輸出に伴い、上記規格品の問合せが増えております。弊社取扱いのリエロ社

バーナーは、いずれも対応しております。当然、日本におけるJIS規格、ガス会社3社基準等にも

適合しております。

 

2015.06.03 リエロバーナーは取扱い簡単

ガスバーナ―、油バーナーの使用・交換に際して、リエロバーナーは極めて簡単です。

取扱は、基本の基本となる火炎寸法表と炉内使用可能圧力図(いずれも装置への適合が確認可能)を

確認して、機種を選定。端子結線図により電源接続実施で終了。

マニュアルは最も充実しております。

 

2015.06.01 小型オイルバーナーG2J

小型の油バーナー(G2J)の問合せが多くなりました。

パッケージ化されて、10kWより燃焼可能。各種用途に使用されています。

スイッチ投入だけで、安全装置付・自動運転可能なパッケージバーナーです。

 

2015.05.28 ベルギー経由機器への即時対応

ベルギーのメーカーより輸入した、リネン機械にリエロバーナーを使用。

取付き部品の交換見積依頼があり、即納を伝え、客先も弊社窓口でコレポン時間短縮。

 

2015.05.27 パンはガスバーナー利用焼成がおいしい?

練馬区で創業3代目のパン屋さんで使用していただいている、20数年前納入(GASH)のバーナ交換

を依頼されて実施。ガスオーブンのパンの出来上がりがいい、と以前オーブンメーカー様に

お伺いしたことがあり、長くご愛用いただき、また再度機種変更分(GS5バーナー)も、

継続使用して頂きました。

 

2015.02.01 バーナー御打合わせ

バーナー利用に関して、ご来社頂きご質問に対応して、質疑応答、ご満足頂けました。 

 

2014.12.01 コントロールボックス

約30以上前にご使用頂いた、バーナーのコントロールボックスの補用品を出荷しました。

長くご利用頂いており、感謝しております。

 

2014.12.01 GS20Mバーナー設置について

金属直接加熱を弊社のGS20Mバーナーにより設置を実施。

現場より以前使用の油バーナーと比較して、加熱時間が短縮され、すすの発生もなくスイッチ操作だけ

で、簡単になったと引渡し時に温かいお言葉を頂きました。

 

 

月別アーカイブ

お問い合わせ [045-575-8097]

カタログ・取扱説明書

機器の使用方法動画

Riello s.p.a

日本ファーネス株式会社

リエロ・ジャパンブログ